コラーゲン 粉末(パウダー)を効果的に摂取する●●な方法

コラーゲンの過剰摂取でアレルギーの心配

コラーゲンの摂取で、コラーゲンアレルギーを発症する人がいます。

動物アレルギーがある場合は特に注意が必要で、動物由来のコラーゲンを摂取するのであればアレルギー症状がでていないか気を付けて体の状態をチェックしておきましょう。

アレルギー症状としては、むくみやしびれ、じんましんなどが報告されています。

他には、吹き出物がでたり皮膚が赤く腫れてしまったり呼吸がしづらくなったりといった症状が考えられます。

これらの症状がコラーゲンを摂取し始めてから出てきたのであれば、一旦摂取をやめて医療機関で診てもらうと安心できます。

コラーゲンを多量に摂取した場合でも、副作用は起きませんし余分なコラーゲンは排出されます。

ただ、アレルギーには要注意です。

ですから、いきなり大量に摂取するようなことは避け、様子を見ながらの摂取が大切です。

注射などでコラーゲンを入れるよりも、経口摂取としてサプリメントでのコラーゲン摂取をする方がアレルギーの発生率は低くなっていますから、不安な人は特にサプリメントなどでの摂取を選ぶといいでしょう。

↑ PAGE TOP